水族館飼育員の生活は自宅?寮?

水族館の飼育員の生活場所は寮なのでしょうか?自宅なのでしょうか?

 

 

水族館の飼育員の生活する場所

水族館の飼育員の多くは、水族館に近いところに自宅を構えている人が多いですね。
命を管理する仕事でもあるので、緊急時にはすぐにでも駆けつけられるようにしておいたほうがいいのです。
水族館によっては寮があるところもありますよ。

 

多くの水族館では宿直用の部屋が用意されているので、仕事場と衣食住が同一化している人も多いですね。

 

まあ水族館の仕事って基本的にハードなので、仕事が終わり次第すぐに帰れるような場所に住むのがベストですよ。
そうでなければ疲れて食べて、風呂入って寝るだけのために家に帰るなんてことになりますから。

 

あとは夜勤が変わりばんこに来るところもありますよ。飼育動物が病気している時なんかはとくに付きっきりで見てあげることも珍しくありません。

 

憧れだけでもやっていけない仕事です。

 

就職対策

またこの職に就職するなら情報集めが肝となります。採用をめったにやっていない業界ですから、こま目に情報をチェック、収集してチャンスは逃さないようにしなくてはなりません。
アルバイトとして内部に入れば情報は入ってきやすいですよ。横のつながりが強い業界なので他の館の情報もはいってくると思います。

 

前へ:イルカをしつける方法 調教師の仕事