イルカの調教師の適性スキル

イルカの調教師は多くの人が憧れる職種ではありますが、非常に狭き門でもあり適性がないと務まりません。イルカの調教師にはどのような適性が必要なのでしょうか?

 

 

愛情・忍耐・洞察力

犬にせよ猫にせよ動物に芸を覚えさせるというのは本当に大変です。そしてしつけというのは動物の頭が良いのとしつけのしやすさというのが比例するわけではないということ。
例えばイルカは豊かな感情を持つ生物です。また感情を読み取れる生物でもあります。

 

忍耐力

調教においてうまくいかないからといって、イライラした様子をしているとイルカは調教師を信頼に足る相手と判断しなくなります。
つまり言うことを聞かなくなる。
また人間が一人で訓練するのと違って、イルカの調教は何時間も何時間もすることができません。
イルカにも飽きがきます。だからうまくいかないかなくても、課題を次の日に持ち越さなくてはならないことはたくさんあります。
焦らずにイルカを信じてじっくりと教育できる忍耐力が求められます。

 

洞察力

イルカも何回も失敗を続ければやる気を失ってしまいます。だからできるだけ早く「成功」と「ご褒美」を提供してあげる必要があります。
その為にはイルカが指示を正確に理解しているのか、どうすれば褒めてもらえるのかを理解しているのかをイルカの様子から判断できる洞察力が求められます。

 

愛情

まあこれは当然といえば当然のものですが、上記二つのものを鍛えるのに欠かせない要素となります。
単純に餌をやればイルカが言うことを聞いてくれるわけではありません。信頼関係が必要不可欠です。
人間の愛情をイルカは敏感に感じ取りますから、日々どう接していくかでイルカに信頼されるかされないかが分かれてきます。

 

前へ:ドルフィントレーナーになるには
次へ:水族館の解説員になるには