水族館への就職に有利なのは大学?専門?

水族館にいくのに大学か専門どちらにいくべきか迷っている人は多いですね。

 

まあこれは経済的事情もあって選択肢が限られてくる人もいると思いますが、基本的にどちらに行ったとしてもメリット・デメリットがあるので、これは各々の都合で決めて頂くと良いと思います。

 

 

専門学校に行く場合

 

メリット
専門学校のメリットは求人情報がキャッチしやすいという点です。
専門学校は業界とのつながりが強いためこういった情報を仕入れやすいのです。
また水族館が実習生を募集するのは大体専門学校からです。

 

デメリット
学生でいられる期間が短く就職口が狭くなることです。
応募条件を大卒必須にしている企業も多い為、業界以外の道が選択しずらくなる・・・というのがデメリットとしてあげられるでしょう。

 

大学に行く場合

 

メリット
就職口が広く、万が一業界への就職活動が失敗しても方向転換がきく。
学生で居られる期間がながいため、スキルアップや情報収集に時間がかけられる。

 

デメリット
業界との繋がりが弱く、求人情報が得にくいというのが一つ。
また実習生の募集が大学にくることもあまりない為、参加したいなら自分からメールや電話でコンタクトをとるなどの行動が必要になってきます。

 

 

こんな感じです。
専門学校に行けば求人情報が多く
かつ他に選択肢がないぶんとにかく行動すると思うので、結果として水族館に就職できる確率は高まると思います。
ただ他の業界も視野にいれているなら、いささかリスキーな選択かな、と思います。

 

「何が何でも絶対に水族館がいい!」というわけではないのなら、大学に行っておいたほうが無難です。

 

前へ:水族館飼育員になるには 絶対に就職してやるいという意思を持つこと
次へ:水族館でのアルバイトから飼育員を目指してみる