アクアリウム技術者なるには

アクアリウム技術者というのは科学的な見地から水生生物の生態に適合した環境を構築する仕事です。さらに詳細にどのような仕事なの解説していきます。

 

 

アクアリウム技術者とは

アクアリウムとは水槽・水族館といった意味をもちます。

 

つまりアクアリウム技術者というのは科学的な根拠に基づいて水生生物が健康に生きていく為に必要な環境を構築する専門家です。

 

バイオ技術の発展は発展し、環境保護活動は世界的に広まりつつある今アクアリウム技術者の需要は高まっています。

 

アクアリウム技術者に必要な能力

熱帯魚や金魚、水草といった水生生物の生態に対する深い理解をもとにそれらが生きていくのに必要な環境を構築できる能力が必要です。

 

様々な水生生物がいますから、健康状態を保ち熱帯魚の美麗な体色を保つためにも各々に適合したベストな水質や管理方法を選択したり、魚の病気や予防法・治療法に関する研究にも日ごろから取り組む必要があります。

 

 

アクアリウム技術者の働く場所

アクアリウム技術者として働ける場所は水生生物が関与するところなら幅広いです。

 

アクアリウムショップを始めとして、ペットショップ,水産,水族館,動物園,観賞魚養殖業,水槽メンテナンス会社など色々あります。

 

アクアリウム技術者の勤務スケジュール・収入

シフトや収入は勤務先によって異なりますが、生き物を管理する商売ですから基本的に土日祝日であっても仕事がある場合が多いです。

 

なので休日は交代で入ることがほとんどですね。

 

収入に関しては例えばアクアショップの店員の場合は150万〜200万くらいです。

 

 

アクアリウム技術者の資格

アクアリウム技術者になるには,
技術者を募集している企業に応募⇒面接⇒内定
というパターンでなる場合がほとんどだと思いますが、この時に持っておいた方が良い資格として
中級バイオ技術検定試験やアクアリウムコーディネーター1級・2級が挙げられます。

 

前へ:アクアショップスタッフになるには
次へ:イルカ調教師になるには