ダイビングインストラクターになるには

ダイビングインストラクターはダイビングの指導・案内をする仕事です。どのような仕事なのか詳細を解説していきます。

 

 

ダイビングインストラクターとは

ダイビングインストラクターは潜水のノウハウを教え、自由に海中を移動できるように指導をする仕事です。

 

また受講生にはダイビングを覚えてもらいながら海中の美しさや生き物の不思議を伝えつつも海中に入ることのリスクや注意点などを徹底的に教え、命第一の行動ができるように教育することも役割の一つです。

 

ダイビングインストラクターに必要な能力

海に関する知識はもちろんのこと、インストラクターの仕事は受講者の命を預かる仕事でもあります。

 

受講者にも自己責任という認識を持ちながら行動するように教えるべきですが、インストラクターも受講者の安全の全ては自分に責任があるという認識でいなければなりません。

 

受講者の様子や酸素ボンベの残りの確認などに常に注意しておく必要があります。

 

ダイビングインストラクターの働く場所

スポーツクラブやダイビングショップがメインです。

 

他にもダイビングスクールや海洋リゾート施設、マリンスポーツ関連企業などが就職先として挙げられます。

 

ダイビングインストラクターの勤務スケジュール・収入

インストラクターの仕事は一般向けのものから、学生向けのものまであるので休日は就職先にもよると思います。

 

一般向けだと社会人も参加できるように土日祝日も仕事がありますしね。
収入は月15万〜20万くらいが平均的です。

 

ダイビングインストラクターになるには

この職業はダイビングインストラクターの資格が必須となります。

 

資格を取得するにはダイビングの筆記試験と実技試験を通り合格する必要があります。

 

資格取得後水族館やスクールに就職し、インストラクターとして働くことになります。

 

また車で移動することも多いのでMT免許は持っておいた方が就職に有利です。

 

前へ:シャチトレーナーになるには
次へ:潜水士になるには