潜水士になるには

潜水士は潜水用具を身にまとい海中や湖にもぐり作業をすることを生業とする人のことです。どのような仕事なのか詳細を解説していきます。

 

 

潜水士とは

潜水士とは別名潜水夫とも呼び、海・湖・川といった水の中にもぐり何らかの作業をする職名のことです。
何らかの作業というのは

 

土木工事
溶接工事
水質調査

 

など公共施設の運用には欠かせない管理作業のことですね。

 

また水生生物の調査や沈没船のサルベージ、水中資源の発掘など仕事の幅はとても広いです。

 

〜に必要な能力

かなりハードワークとなるので体力面が求められます。
水中は危険もありますから、自己管理能力や集中力も必要不可欠な能力です。
安全に対する高い意識を持つことができ、器用さと慎重さを兼ね備えた人材が重宝されます。

 

〜の働く場所

水の関連する職場なら様々です。工事関係も選択肢の一つですし、漁師や水族館、動物園など海の生物と関わる仕事をする人は潜水士の資格を持っている人が多いです。
ただ一般的に潜水士と呼称されるような場合は海上保安庁として働く場合や、水中土木作業現場や工事現場で働く場合が多いです。

 

潜水士になるための資格

日本において潜水士になるには国家資格である潜水士免許をとる必要があります。
そもそも潜水士という呼称自体はこの資格の名称でもあります。

 

その他潜水の資格

救急再圧員
アーク溶接・溶断
送気員
玉掛け
巻上げ機運転
小型船舶操縦士免許
警戒船専従要員
港湾潜水技士資格
移動式クレーン運転

 

前へ:ダイビングインストラクターになるには