マンタって魚なのに出産するの?

マンタは巨大で謎が多い生物です。日本でも数頭飼育されています。マンタの出産についてお話しています。

 

 

マンタってどういう生き物?


マンタって魚なのに出産するの?

マンタというのは世界最大のエイでありオニイトマキエイとも呼ばれます。

 

とても巨大で大きいものだと8mにも達します。体重は3t以上(生まれた時点で体長が1m以上、体重数kgから数十kgもあるといわれています)。

 

卵胎生

でこのマンタなんですけど魚なのに出産します。出産といえば哺乳類のイメージしかないですよね。
でもマンタは卵胎生といって胎内で卵を育ててから、体内で孵化させるタイプの魚なので実は胎生ではないんです。

 

鮫やエイ、熱帯魚のグッピーなんかはこの卵胎生として知られていますよね。

 

体内で子供を産みますが哺乳類のように母体とへその緒を通して栄養をもらうわけではありません。
卵の卵黄からの栄養供給によって育ちます。

 

日本では、沖縄美ら海水族館で飼育されています。2007年に赤ちゃんを出産して話題になりました。

 

前へ:ショーをやってるアシカやイルカは知能が高い?
次へ:水族館のサメは何故他の魚を襲わないの?